イメージ 1
The Strong Horse is Wearing Snake-Skin... '73 Mustang Mach1 429 Cobra-Jet Project !!

いよいよスタートした今年の新しいカスタムプロジェクト!! '73 マッハ1の登場です!!
本来なら、73年式のマッハ1のエンジンは351Cが標準なのですが、この車輌は71年式のマッハ1から
移植された希少なハイパワーモーター429CJが搭載された車輌で、個人的には’73のこの前に張り出たウレタンバンパーの顔の方が好きだし、それに自分の生まれ年も73年式!(笑)
でも、エンジンは429コブラジェット!!という希少な組み合わせ。恐らく何処を探しても、この理想の組み合わせは、なかなか見つからないであろうと、今までコッソリと隠し持っていたわけです。(笑)

そんな理由もあってこのマッハ1は、ボク自身の考えるカスタムプランとイメージを共有でき、ちゃんと理解してもらえるオーナーさんが見つかるまでは、簡単には売らないと心に決めた車両で、今まで少しずつ水面下で進められていた極秘?(笑)プロジェクトだったのでした。。。そんな長~い温存期間を経て、正にこのプロジェクトに相応しいとも言えるオーナー様にようやく出会えたので、この度プロジェクトの再始動となったのです!!更になんと!オーナー様も73年式!!!完璧です!!(笑)

既にBody Workとペイントは終了していたのですが、まだまだやること盛りだくさん。。。
その他にも、仕事がたまりにたまって、長らくお待たせしてしまっている方々の作業もあるので、少しづつ、そして確実に丁寧に、地道にプロジェクト作業を進めて行きたいと思います!!
プロジェクトレポートもボチボチ更新して紹介していくので、これから気長にお付き合いください!


イメージ 2
で、まず行うのが地味にキーシリンダーの全交換とイグ二ションスイッチの交換から。。。
元々付いてるキーが、各ドア、エンジンキー、トランクとバラバラで計4つぐらいを使い分けないといけないという。。。何ともスマートさに欠ける不細工な状態でしたので、この際にシリンダー交換してカギを揃えます!


イメージ 3
ステアリングコラムをバラシて、キーシリンダーを交換します。 内装は最終的に一新する予定ですが、汚すとイヤなので、メニューとして内装の仕上げは、最後のほうになる予定です。
イグニッションスイッチはOEM純正品が今でもまだ手に入りました!イグ二ション関係の配線が過去に無茶な配線処理をされた?形跡があるので、純正配線図を参考に、できるだけオリジナルに沿った状態に戻したいと思います!

たかが鍵。。。されど鍵。。。車に乗り込むたびに、毎回手にし、そして右に左にと、手首をひねる事になる鍵。

この先、何百回、何万回とひねる事になるであろうこの鍵。。。それって、ほんの些細な事ながら、車に乗る上ではとても重要な部分でもある。。。

出来るだけ気分良く、スマートに乗ってもらう為には、こういう所って見逃せない部分なんですよね。。。笑

   SPEED RESEARCH