イメージ 1
ついついFBアップのほうが楽チンで、ブログはサボり気味でしたので久々の投稿です。。。(汗)
最近ようやく完成した一台、プロジェクト’73 Challenger ”Dark Side” の登場です!!
 
幾多のスケジュール変更やトラブルに見舞われ、予定よりも大幅に時間が掛かってしまいオーナー様にはご迷惑をお掛けしてしまいました。。。
しかしその甲斐があってか?なかってか?まさに’73Challengerの裏のもう一つの顔とも呼べるような、ミステリアスでCOOLな一台が完成しました!その模様をこれから数回に分けてご紹介して行きたいと思います!!!
 
 
 
イメージ 2
今回のプロジェクトのベースとなったのはこの車両。
前オーナー様が、元々ドラッグレースなどを楽しむ目的でモデファイされたHOTな440が搭載された4SPEEDのスティック仕様でした!そして新しいオーナー様の下、大幅な仕様変更をすることに。。。
話し合った結果、『エアコン付きで快適な仕様で、ハイパワーはそこまで求めないが440Big Blockのトルク感は味わいたい。。。そして出来るだけLowスタンスでちょっとだけモダンなルックス。。。』 というリクエストからのスタート!そしてBodyカラーはブラックに拘りたいという、なかなかの難しいリクエスト!
 
 
 
イメージ 3
まずはBody Workから。。。白から黒へと。。。禁断の裏の顔へ。。。(笑)
とにかく黒へというオーナーさんの強い拘りから、引き受けましたが、黒というシンプルでありながら毒のあるカラーは車の方向性を見つけるのが非情に難しく、今回のプロジェクトの最大の難問であり最大のテーマ。。。
ハイインパクトカラーのイメージが強いMOPARなだけにダークな黒で仕上げるというのは、イメージがなかなか沸きません。。。(汗) しかし黒で仕上げると決まった以上、次に重要なのはやはりホイールでしょうか。。。?
 
 
 
 
イメージ 4
内装はM/TからA/Tに変更するためにフロアを加工する必要があります。
次はドラッグレースも、もうしないと思うので、この5インチの大きいタコメーターも不必要でしょう。。。
その他は特に変更しませんが、社外のバケットシートから’70チャレンジャーの純正シートに変更する予定です。
フロアの状態は思ったより綺麗で安心しました。
 
 
 
イメージ 5
タイヤは285-40R-18で行きます!悩んで悩んだ末にチョイスするホイールはCRAGARの18インチ-Polishに決めました!ダークなブラックボディーにならCRAGARは少し怪しくもけっこうハマルかと。。。
インナーフェンダーやリーフスプリングのリロケーションなどの加工無しで収まる限界サイズに挑戦?です。(笑)
綺麗にタイヤ収まってくれるかな~??いいえ、バッチリ収めてみせます!!
次のレポートもお楽しみに。。。
 
   SPEED RESEARCH