イメージ 1
皆様ご無沙汰しております。。。1月は行く2月は逃げる3月は去る。。。今年も早いもので、もう4月!!
何かと慌しくも新年度の始まりです!!今年もまだまだこれからが本番!!頑張ってまいりましょう!!
 
さて、今年1月に発売され、自分達がビルドした’72Coronetが表紙を飾ったCAR-CRAFT マガジンですが
日本では入手し難いので、この雑誌自体あまり知られていないのが現実。。。(涙)
60年以上も続く、アメリカでは老舗の超メジャー雑誌なんですがねぇ。。。(汗)
 
でもそんな中、ようやくCAR-CRAFTのWebサイトのFeatured Carのページにてその記事がUPされました!!!
 
       
         ↓ まだ記事を見られていない方は、是非コチラをチェックしてみてください! ↓
 
 
 
 
 
イメージ 2
最近の作業状況。。。今月は先月からの引き続き作業がほとんどです。
長くお預かりしてお待たせしてしまっている車輌ばかりなんですが、コチラのForSaleだった’70 Satellite Wagonもブレーキや足回りを中心に納車整備を終え、3月末に無事に納車しました。もうちょっとだけサイズが小さければ自分が足に乗りたいくらいだったんだけど。。。ステーションワゴンは使い勝手も良くていいですね。
 
 
 
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
コチラは’70AARクーダに取り付けた油圧クラッチKITなんですが、KITの内容に欠品パーツがあって、作業は
中断していましたが、パーツも揃いコチラもようやく完成のメドが付きそうです。。。日本ではこの類のマニアックなパーツは入手に時間を要することが多いため、車輌入庫時間がどうしても長くなってしまいます。。。(汗)
パーツ待ちの間にクラッチペダルを外しておき、シリンダーの位置決めとリンケージロッドの取り付け加工を施
しておきます。クライスラー車はクラッチのフィーリングに独特の乗り辛さがあるので、この油圧システムに
変更することで、クラッチ操作が格段に楽になります。オリジナル重視のMoparファンからは、またお叱りを受けそうですが、快適で乗り易くて楽しいほうが良いという方もいますからね。。。出来る限りリクエストに応えるのが
我々の役目でもあります。
 
 
 
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 コチラは’73 Camaro。。。’72用の純正ゲートシフターとセンターコンソールを取り付けて欲しいとのリクエストでしたが、甘く見ていました。。。(汗)
シフターの取り付け位置から、コンソールの取り付け位置まで全く違いました。。。予定外に加工を繰り返し、
コチラも予定外に時間が掛かってしまいました。。。スミマセン。。。(汗)
トランスミッションが4速700R-4に載せかえられていた車輌でしたので、シフターのゲートパターンを4速に変更しなければならないので、ゲートプレートをShiftWorks製のプレートに組み替えます。
元々現車に取り付けられていたナビゲーションシステムがゲートシフターに干渉するため、撤去することに。
カーペットをめくりシステムの配線類を撤去していくと。。。こんなにもいらない配線が!!!
現在では、GPSナビゲーションはスマホにインストールされている時代。。。シンプルが一番ですね!
 
 
 
 
イメージ 9
イメージ 10
コチラは現在進行中のプロジェクト’73 Challenger。。。
エンジンを440に載せ換える予定ですが、工場リフトがまだ空かないので、積み下ろし作業ができません。(汗)
で、その間に次に積むエンジンの内部点検と洗浄をしておきます。思った以上に内部は綺麗で安心しました。
デフは、元々変更する予定ではなかったのですが、ファイナルギアを変更してもう少し高速巡航し易くするため
にオーバーホールします。ファイナルギア比は3.9:1から3.2:1に変更する予定です。
街乗り、高速巡航を多くされるオーナー様に合わせて、全体のバランスを考えての選択になりました。
 
写真はSure Gripと呼ばれるMopar8-3/4純正リミテッドスリップデフです。各ベアリングは要交換ですが、こちらも状態に問題は無さそうです。洗浄して組み直していきます。
 
と、予定どおりには進まない作業の連続ですが、地道に作業を進めてまいりたいと思います!
 
 
 
  SPEED RESEARCH