イメージ 1
完全放置気味になってますね、このブログも。。。(汗)
わずかな更新への期待に?ちょくちょく覗いていただいている方々には、本当に申し訳ない気持ちで
いっぱいです。。。
さて、これまた途中で放置になってしまっていた‘70TRANS-AM ですが完成報告がまだできていませんでしたね。。。現車のほうはと申しますと、完成後も、わずかながら問題点や課題は残されており、本当の意味での完成までは、もう少しテストを重ねて煮詰めていかないといけないかも知れません。
ここからはオーナーさんとも良く相談しながら、二人三脚でより完成度の高いマシンを目指して行きたいと思います。


イメージ 2
仕上がったエンジンルーム。。。
ビレットパーツが多数使用されていますが、見た目の綺麗さだけではなく、機能性や強度も考えたパーツ
チョイスにこだわりました。パイピングや配線類は極力すっきり見せるように取り回しまで気にして引きなおしています。写真では細かいところまでお見せできないのが残念。。。


イメージ 3
そしてインテリア。
お約束オートメーターはちょっと高価なPRO-COMPシリーズを、これまた僕の中ではお約束の4連配列で
インストール。ドラッグシート&HURSTシフターがやる気を感じさせます。。。
シフター横のミサイルボタン?みたいなのは、ラインロック用のスイッチです!!


イメージ 4
そして、ロードテスト&エンジンセッティング。。。
そのまるで猛獣でも操るかのような、暴力的なパワーとトルクは凄まじいものがあります。
それでいて、心地よいレーシーなエキゾーストノートと共にHotchkis製の足回りが生むクイックなハンドリングがまさに走る楽しさを存分に味わえる仕様に仕上がりました。
例えて言うなら、アメリカンマッスルカーでありながら、どこか現代的で、まるでランボルギーニやマセラティでもドライブしているかのような?そんな感覚にさえ陥ります。
(もちろんどちらも乗ったことはありませんが、あくまでイメージ的に!)


速く、美しく、それでいてどこか現代的。。。
これぞモダンマッスルカーと呼ぶにふさわしいのかも知れません。。。