イメージ 1

つい先日の週末のこと。。。

今年に入って惜しまれつつもこの世を去ってしまったある方のお宅で、仲の良かった仲間で四十九日供養

の代わりに集まるというお誘いを受け、その日は少し仕事を早い目に片付けてお別れに行ってきました。


そのある方というのは、本当に他に類を見ないくらいに純粋にクルマ、それもアメリカ車が好きな方で

した。ボクよりもうんと年上で、クルマを通じて知り合った方で、ボクにとってはお客さんでもありまし

たが、いつもボクのことを信頼してくれて、楽しい仕事を随分とさせていただきました。

以前の仕事場の頃ですが、よく遊びにもきてくれてたくさん楽しい話をしていただきました。

知り合ってから、意気投合するのに時間は掛からない位に、お互いのクルマに対する情熱が手に

とるように理解できました。今思えば、もっと早くに知り合っていればと悔いも残りますが。。。

それに純粋に走る事が好きな人だったので、とにかく運転していて楽しい車を作れるようにと僕も頑張り

ました。ただ、いつもクルマが出来上がる頃に身体の調子を崩されて、満足に乗ってもらえないという事

が多かったのが今でも残念です。昨年の5月の鈴鹿のドラッグレースもここでも紹介したことのある

オレンジ色の‘72NOVAで参戦する予定でしたが、その時も直前で体調を崩されて入院することとな

り、残念ながらボクが代役で走ることになりました。その時は大雨で満足な走りができなかったことも

悔やまれますが。。。


そして、このたびその方の奥様から、写真のヘルメットを形見として、ボクにレースで被ってあげて

ほしいと譲り受けました。

ボクなんかがとても申し訳ないと言いましたが、ボクが被ってレースを走ればきっと喜んでくれる

はずだからと、奥様にも言っていただき、恐縮ながら譲り受けることになりました。

大役ながらに、そこまで信頼されてぼくは一人のビルダーとして、どこまでも幸せ者だなと感じました。


そして何より、アメ車とスピードと仲間を大切にされた、あの人の思い。。。

ボクはたしかに受け継ぎ、今はまだ走れないけど、自分の愛車が復活して、ボクがレースに復帰する

際には必ず、このSIMPSONのヘルメットと共に、今は亡きあの人のいつまでも消える事の無いアメ車とス

ピードへの熱い思いと共に走りたいと思います!