イメージ 1

今朝、まだ寝ぼけながらにボーっとテレビを見ていました。。。

すると、なにやらレコードプレーヤーが映っている。。。

今どきレコードプレーヤー???なんて思ってたら、それはなんと針の無いレコードプレーヤー!!

ええっ!?針が無い!? 思わずテレビにかじり付く。。。(笑)

なんでも、レーザーでレコード盤に刻まれた音を読み取って再生するらしい。。。

朝の番組のほんのわずかな時間での紹介だったため、あまり詳しい仕組みまでは説明がな

かったけど、とにかく針が無いわけだから、傷がついてしまって音とびして聞けなくなっ

たようなレコードでも綺麗に再生できるらしい。。。割れてヒビが入ったのまで再生していた。。。

埼玉のエイプって会社が独自で開発、製造、販売してるらしいが、そこの社長さんも、

今朝のテレビに出演してた。

こんなデジタル技術が進化して行く世の中に、こんなアナログなモノを真剣に開発した、

この社長さんはエライと思うのです!!

CD、ましてやデジタルオーディオとか言ってる時代に、何で今さらレコードプレーヤ

ー?って思うのが一般論だろうけど、いつの時代も古き良きを愛する人々、またはデジタ

ルな時代だからこそアナログなものに拘る人々もいると思うのです。

それに、過去のモノを無くして、新技術というのは決して生まれてこないと思うのです。

過去のモノから発展し、そしてヒントを得て、より進化して、そこに新たな技術が生まれ

るのです。


その社長さんも言っていました。。。

最新の技術で、全く新しいモノを造り出すのも、最新のテクノロジーだけど、過去のモノ

でも以前より良い条件で、より優れた性能で古い製品を甦生させるのも、新技術の活用で

あり、新しいテクノロジーなんだと。。。


なるほど!素晴らしい!僕もこれには同感です。

僕も毎日仕事では、30年~40年前のマッスルカーをはじめとする旧いアメリカ車の整

備をしています。

旧い車でも、より進化させ、より高性能化する事により、新しい時代でもより快適に、

より楽しく乗ることだってできます。。。

そう、完全なデジタルにはなれなくとも、進化したアナログになら、なれるわけです!


時代が進んで行く上で、古いモノを古いままに放っておくのもダメ、新しいモノを追いか

け過ぎて古いモノを次から次に壊してしまうのもダメ。。。

古くても良いモノは、車に限らず何でもすぐにスクラップにするのではなく、新技術によ

って甦生されて活用されるべきだと思います。。。


今の日本に最も欠けていることなんじゃないかな?なんて考えさせられますねぇ。。。(汗)